ビーシュリンプ飼育関連商品検索できます。 レッドビーシュリンプ 通販ブログ 水槽・水槽台

レッドビーシュリンプ 通販ブログ

当ブログではビーシュリンプ用品の 通販サイトをご紹介してます。 ビーシュリンプ飼育水槽、フィルター、餌などの飼育道具 ビーシュリンプ生体販売のサイトも紹介します。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

水槽・水槽台 

・水槽

ビーシュリンプを飼育するのに
必ず必要となるものが水槽。
各メーカーから様々な商品が販売されています。

小型のものから大きいものでは120cmクラスのものまで。
私のオススメは60cm水槽です。
ガラス水槽がいいと思います。

60x30x36cm60cm水槽の規格サイズで、
一番普及しており、
いろいろなメーカーから発売されており、
安値で購入できますし、
周辺道具なども豊富です。


しかし 水量が約60リットル
セッティング重量で70kgぐらいになりますので、
設置場所など考慮する必要があります。


カラーBOXなどの上には置けません。
必ず専用の水槽台を購入してください。



どうしても 設置不可能な場合は
それ以下の小さい水槽を選択してください。


小さい水槽の方が飼育しやすいかと思われがちですが
実は大きい水槽の方がラクなのです。


小さい水槽は場所をとらず、軽いなど利点もありますが
水質が安定しにくく、水換えをするときは
注意が必要です。
水質の急変によりビーシュリンプが弱ったり
最悪死に至る場合もあります。


その点 60cm水槽以上の大型水槽は
(60cmは大型とは普通言いませんが・・・)
場所を取り、重いという欠点もありますが
(90cm以上は高価です)
一度 水が立ち上がってしまえば
水質が安定しやすく
飼育・管理が楽です。



このことから
初心者の方は 大きな水槽で飼い始める方が
上手くいくかと思います。



水槽サイズ別・水量&重量&収容匹数

水槽・サイズ(幅x奥行・高さcm)・水量(l)
・セッティング重量(kg)・飼育可能匹数

45cm・45x30x30・35・50・50 60cm・60x30x36・57・70・100 90cm・90x45x45・157・200・300

(セッティング重量、飼育可能匹数はあくまで目安です) 水槽のフタはあった方がいいと思います。 ・ビーシュリンプの飛び出し防止 ・水の蒸発がある程度防げます。 ・照明器具に水滴付着防止 ・水槽内の異物の落下、他のペットの乱入(猫、犬など) 大抵 水槽のセット購入であればフタはついてます。 フタを後買いする場合はメーカーによって 合わない場合があるので、 水槽のメーカーをあわすようにしましょう。 ・水槽台 いろいろなタイプが市販されてます。 最近はインテリア性が重視されていて 下段に収納スペースがある キャビネットタイプが人気あるようです。 水槽台の材質は大きく分けて、 スチール製と木製のものがあります。 スチール製は主に組み立て式で お値段も安値で購入できます。 木製のものも品揃えは豊富 家具調のものが人気で、 おしゃれな感じになってます。 初めてビーシュリンプを購入する場合は 水槽、フタ、フィルター、水温計、ヒーターなどが セットになった水槽セットが販売しておりますので、 そちらを購入するのもいいと思います。
スポンサーサイト
[ 2008/10/03 17:48 ] 水槽・水槽台 | TB(0) | コメント(-)
カテゴリ
プロフィール

lovebee

Author:lovebee
これから ビーシュリンプを
飼育する方に少しでも
役に立てればと開設した
ブログです。

たくさんある飼育道具の中から
厳選したものを紹介しております。

よろしくお願いします。

免責事項
当ブログでは
通販ショップや
商品を紹介してますが、
リンク先の
各ショップ様の内容と
異なる場合もあります。
万全を期している
つもりですが、
記述の間違い、
リンク切れなど
ありましたら
申し訳ありません。

当ブログ内で
紹介しているショップと
ご利用になった
お客様の間の
トラブルや
損害については、
当ブログは
一切責任を負う事は
出来ませんので
予めご了承下さい。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。